3分でわかる城東テクノ

joto ユニークな建材で長持ち住まいをささえます。

スタート

歴史

創業半世紀以上。
住宅部材のスペシャリスト。

1960年、城東テクノは、「城東化成工業所」として大阪市城東区でうぶ声を上げました。創業時から押出成形を主体とするプラスチック製造販売業を展開。半世紀にわたる歴史のなかで蓄積されてきた技術は、私たちの大きな強みです。その技術をもとに、キソパッキン、高気密型床下点検口、マンホールなどの住宅建材を製造販売してきました。そして現在は、次の半世紀に向けて「住宅部材のニッチトップ」を目指し、さらなる挑戦・成長へと取り組んでいます。

開発力

かゆいところに手が届く、
住宅会社様にうれしいユニークな製品を開発。

城東テクノのモノづくりは、お客様の「声」や現場のニーズからスタートします。全国の拠点・営業活動で集まった「声」をマーケティング部が集約し、商品開発部がさまざまなシーンを想定して付加価値の高い製品へと形作っていきます。そうして誕生した製品は、住宅会社様にとっては施工しやすく、施主様にとっては住み心地につながるものに。これが、汎用品の大量生産品とは一線を画す「ユニークなモノづくり」と呼ばれる所以となっています。

品質

大量生産ではなく、
一つひとつの製品品質にこだわりを。

大量に生産され、大量に消費される製品は、それゆえ「安かろう悪かろう」に陥りがちです。もともと高付加価値である城東テクノ製品の性能が確かに発揮できるよう、品質を高く保ち続ける努力は惜しみません。城東テクノでは、製造工程において品質向上に取り組むことが大原則。たとえば主力商品の素材である『JC(Joto複合材)』についても、原料から製品にいたるまでの各工程で検査体制を持つなど、各部門が品質向上に努めることで、お客様のもとに届く製品の品質を担保しています。

提案力

お客様のニーズに応じて
提案していく問題解決型営業。

代理店様にお任せするだけでなく、直接エンドユーザーである住宅会社様を訪問し、ニーズに応じた提案によって問題解決を行っていくこと、それが私たちの営業スタンスです。営業職全員に貸与されたタブレット端末を活用し、施工動画、独自資料などを活用しながら商品の特長をわかりやすくご案内。お客様のお悩みを解決できる商品の模索・ご提案へとつなげていきます。

ネットワーク

全国に広がる営業・製造拠点。物流センターも各地方に配備。

城東テクノでは、北は札幌、南は鹿児島に至るまで全国24カ所の営業拠点を展開し、各地域に密着した営業体制を構築しています。それぞれの地域できめ細かいサポートを実践するとともに、全国からお客様の声や現場のニーズをくみ取り、新たな商品企画・設計開発へと役立てています。また、国内に3拠点ある自社工場で、商品の安定供給を行っています。さらに、物流センターも北海道・東日本・西日本・九州の4カ所に設置し、万全の物流体制を整えています。

信頼

「しろあり保証制度」で、
製品へのさらなる信頼・安心を。

コーポレートスローガンにも掲げているように、お客様の声を商品化し、長持ち住まいを支えていくことが、私たちの使命です。そうしたモノづくりの継続こそが、お客様の信頼につながるのだと考えています。また2002年から始まったのが、製品への信頼と安心をより実感いただける「しろあり保証制度」です。この制度では、13年間で60万棟以上の住宅に安心をお届けしており、その延長サービスである「しろあり延長保証制度」も含めると竣工より30年にわたって保証を提供しています。これらの製品やサービスを長年展開できるのもご愛顧いただいている皆様のおかげであり、今後もご期待に応えられるよう企業努力を推進していきます。