柱脚金物対応キソパッキン

多様な柱脚金物工法に対応。

構造上の重要な柱の脚部に接合金物を使用する場合を考えた、フレキシブルな形状です。

POINT

  • 柱用の太いアンカーボルトもラクラク入る直径40mmのアンカーホール。
  • 83mmの横長アンカーホールで板状の柱脚金物にも対応。
    ※対角施工の柱脚金物にはKP-Aシリーズをご利用ください。
  • ホールダウン金物の埋込みボルトの方向を気にせずに施工が可能。

利用シーン

シリーズ一覧

特長

多様な柱脚金物工法に対応。

Jotoの柱脚金物対応キソパッキンは、パイプ埋設仕様、プレート埋込み仕様、S-HD埋込み仕様といった、多様な柱脚金物工法に対応しています。用途に合わせてお選びください。

製品シリーズ

施工上の取扱いと注意事項

  • アンカーボルトのある箇所は、必ず敷き込んでください。
  • 柱の下など荷重のかかる位置には、必ず敷き込んでください。
    ※120角柱下は2枚必要。
    ※枠組壁工法ではマグサ受スタッド(方立)部や同等の荷重が集中する部分。
  • 土台継手の位置には、必ず敷き込んでください。
  • キソパッキンの設置間隔は在来軸組工法では3尺ピッチ、枠組壁工法では0.5P(スタッド部)ピッチで施工してくだ
  • 土台敷設後、キソパッキンと土台との間に隙間が生じる箇所には、土台の事後の不陸発生防止のため、必ず調整板を使用してください。
  • 調整板は左右1セットで重ね枚数2枚以内を厳守してください。
  • 調整板は、キソパッキンのアンカーホールの向きに合わせて使用してください。
  • 調整板の表面(上面)は、Jotoマークが付いている面です。

関連商品

  • キソパッキン

    半永久的な物性・品質を備えた、Jotoキソパッキング工法部材。