ご質問の答え

シーリング材などの代わりに、本体下部についている発泡体をサイディングで押し上げて5mm以下の圧縮するように施工し、水密性を確保します。また、本体にシーリング材などは接着しませんのでご注意ください。