ご質問の答え

鋼板の裏面にも表面と同様の「2ベーク2コート処理※」を施し、高い耐食性(錆びにくさ)を持たせています。

※焼き付け塗装で下塗りし、さらにその上から塗装する処理

 

鋼板製品は雨などで水がかかると、ある程度自然に汚れが落ちますが

通気見切や軒天換気材など水がかかりにくい部位の鋼板製品は汚れが残りやすく、それが錆の原因となります。

当社では雨がかかりにくい部位の鋼板製品には高耐食仕様の鋼板を採用しています。