INTERVIEW

商品力とソリューション営業を武器に
より良い住環境の実現に取り組む日々。
西岡 京介
営業部 大阪支店
2014年入社 法学部 政治学科

良質でこだわりのある商品を
いかに理解しやすく提案できるか。

祖父が大工だったこともあり、「住」に関することへの興味・関心が幼いころからありました。また、モノづくりとつくったモノを販売したいという想いがあり、住宅会社や建材メーカーを中心に就職活動を行っていました。初めは城東テクノが扱っている商品を聞いてもピンとこなかったのですが、企業研究をする中で、業界で高いシェアをしめる商品やこだわりのつよい商品の数々、安定的な経営であることに引かれ入社を決めました。
現在は住宅会社へ営業活動に行き、流通店を通して商品を販売することに取り組んでいます。エリアや住宅の仕様により提案する商材は変わりますが、営業活動については基本的に共通しており、現在は大阪支店の直需チームとして近畿圏内の大手住宅会社を担当しています。ニッチでユニークな城東テクノの商品をいかに理解してもらい、採用いただけるかが常に課題となります。住宅会社だけでなく、関連する業者への商品提案も行い、商品の良さや考え方を広めていく事も重要です。
また、自身の売上目標を達成することはもちろんですが、支店での目標を達成するために自分にどのような事が出来るかを常に考えつつ行動しています。

現場の声を聴き、
生み出された商品が城東テクノのつよみ。

住宅やそこに住む人にとって大事なことは、住みやすく安心な建物であることだと思います。城東テクノには、住宅性能を高めていくために「こんなことしたいけど、それができる商品が世になくて、とても困っている」という現場の声であったり、「性能を充分に発揮しながら、住む人には目立たないようにできないか」といった問題に応えられる商品が数多くあります。商品開発を単に机上だけで考えるのではなく、現場の声、お客様とのコミュニケーションを大事にし、ニッチで他社にはない新たな商品を常に生み出しているからだと思います。それが『ユニークな建材』のメーカーと言われる理由であり、城東テクノらしさでもあると思います。そして、このような商品を提供しながら、より良い住環境に貢献できていることは誇りに感じます。

お客様の課題にソリューション営業で
取り組んでいく。

市場の流れや日々の情報にアンテナを張りつつ、コストなのか、使い勝手なのか、根本的な問題は何かといった仮設を多くたて、時には流通店と協力しながら、住宅会社の課題を解決できるような商品を提案できるようにしています。提案した商品が採用され、「この商品を使うようになって良かったよ」と言ってもらえると、とてもやりがいを感じます。
このような取り組み方に、一人ですべてこなせている訳ではありません。支店内のメンバーや流通店の方なくして商品の採用や支店目標の達成はできません。今後も色々な方と協力して様々な課題に挑戦していきたいと思っています。

一日の
スケジュール1day schedule

  • 7:30 出社
    朝礼やチームミーティングの実施。売上の進捗状況の確認や連絡事項の共有。提案資料の確認や打ち合わせ資料の作成。
  • 10:30~12:00
    商談(1)

    商品提案や打ち合わせのため、お客様の元へ。基本的に移動手段は社用車で。午前1件、午後2件というパターンが多い。
  • 12:00 昼食
    お客様と打ち合わせを兼ねて、食事をすることも。
  • 15:00 商談(2)
    引き続き、営業活動。建築中の現場へ訪問し、現場の声を伺ったり、住宅会社の住宅仕様の確認を行う。新たな顧客ご紹介など、新規開拓についての商談。
  • 17:00 帰社
    見積もりの作成や、日報の作成。翌日の準備。お客様から頂いた宿題等を調べる。マーケティング部や商品開発部に問い合わせたりしながら対応することも。
  • 20:00 帰宅
    業務を整理して退社。

OFFの過ごし方Private Time

現在はマラソンにはまっています。会社の帰りに走って帰ることもあれば、休日に会社のメンバーでマラソン大会に参加することもあります。次の目標はフルマラソン完走。
休日は旅行に出かける事もあります。夫婦で行くことが多く、気分転換を兼ねて景色やおいしいもの目当てで出かけています。