joto ユニークな建材で長持ち住まいをささえます。

What's Joto キソパッキン工法? それは、シロアリ被害を未然に防ぐ家づくり。

工法の要となる建材は?

家づくりを変えた「キソパッキン」。

  1. 手間暇かけない方が、家を強くできるなんて。
  2. ピッタリくっつけた方が頑丈だと、思っていた。
  3. 吹くべきところに吹けば、スキマ風は、家を健康にする。

基礎の切り欠きが不要だから、加工の手間も耐力低下もゼロに。

従来の工法では、基礎に換気のための開口部を設けるため、上端筋を切断しなければなりませんでした。

しかし、それでは手間がかかるうえに基礎の耐力も低下してしまいます。

「キソパッキン」を用いた『Jotoキソパッキング工法』では、配筋の加工や基礎の切り欠きが不要となるため、
施工の手間が省けるのはもちろん、基礎も頑丈に保つことが可能となりました。

基礎と土台を絶縁させることで、腐れの原因となる湿気を排除。

従来の工法では、基礎と土台が接しているため、基礎の湿気が土台に上がりやすく、腐れの原因となっていました。

『Jotoキソパッキング工法』では、基礎と土台を絶縁させるため、湿気が上がる心配がなく、
建物の長寿命化をサポートすることができます。

気流の流れを嫌うシロアリを寄せ付けにくい床下環境に。

建物の全周から風を取り込むことで、床下をまんべんなく換気するのが『Jotoキソパッキング工法』の特長です。

床下の湿気を排出することで土台の腐れを防ぐと同時に、気流の流れを嫌うシロアリを寄せ付けにくい環境をつくります。

その他に必要な建材は?

Jotoキソパッキング工法は、キソパッキンを含む3つの製品で実現します。

この「キソパッキン(キソパッキンロング)」に加えて、室内への湿気やカビの流入、結露を防止する「気密パッキンロング」を
玄関・勝手口土間区画に。壁体内への通気をサポートする「Joto防鼠付水切り」を外周に用いることで、
全周換気で床下全域を乾燥させる『Jotoキソパッキング工法』が実現します。

『Jotoキソパッキング工法』による床下全周換気

風上から風下へ、床下を自然換気で風が通り抜けるため、湿気がこもらず、シロアリを寄せ付けない環境を保ちます。

『Jotoキソパッキング工法』を実現する3つの製品

こうして生まれた『Jotoキソパッキング工法』は、40年以上にわたって皆様にご愛顧いただいています。

また2002年には、シロアリ被害ゼロの実績をもとに大手損害保険会社とのタイアップによって『しろあり保証制度』をスタート。

これまで60万戸超の住戸でご利用いただき、現在では10年間で累計1000万円迄の補償額を実現しています。

グッドデザイン賞受賞!シロアリ被害にたしかな安心を しろあり保証1000