沿革

1960年 10月 大阪市城東区に「城東化成工業所」の名称で末久史朗個人創業
押出成形を主体とするプラスチック製造販売業を開始
1961年 10月 「城東化学工業株式会社」創立
代表取締役に末久史朗が就任
1968年 2月 枚方市中小企業団地に進出
1970年 10月 本社所在地を現在地に移転
1971年 12月 複合素材の基礎研究着手
1973年 5月 「複合素材の装置」に関して、通商産業省重要技術研究開発費補助の交付認可を受ける
1974年 4月 複合素材の装置『Jotoプロセス』完成
1976年   『Jotoキソパッキング工法』を確立
1980年 7月 仙台営業所開設
1981年 5月
7月
東京営業所開設
福岡営業所開設
1983年 2月 広島営業所開設
1985年 2月 千葉工場開設
1988年 9月 台湾に合弁会社 『嘉城工業股份有限公司』を設立
1992年 1月 札幌営業所開設
1993年 2月 『防震吊木(T-03)』の使用に関し、住宅金融公庫より承認を受ける
1994年 3月
6月
11月
データ通信によるオンラインネットワーク化スタート
名古屋営業所開設
『Jotoキソパッキング工法』に対して『住宅金融公庫評価承認第一号』の承認を受ける
1996年 9月
12月
さいたま営業所開設
ホームページ開設
1997年 3月 大阪営業所開設
1999年 8月 ISO 9001 認証取得
2000年 3月 東京営業所を東京支店に昇格
2001年 10月
11月
資本金を28,200万円に増資
社名を『城東テクノ株式会社」に変更
2002年 4月 『しろあり保証制度』スタート
2003年 10月 茨城工場稼動。千葉から茨城へ工場を移転
2004年 3月 『Jotoキソパッキング工法』累計施工実績100万棟達成
2006年 3月 新本社工場稼働
2008年 6月 資本金を31,010万円に増資
2010年 2月 JEcobo(ジェイエコボ)発売
2011年 1月
2月
7月
10月
『Jotoキソパッキング工法』累計施工実績250万棟達成
茨城第二工場稼働
秋田工場稼働
創立50周年
2013年 3月
4月
本社工場隣接地に技術開発棟新築
しろあり延長保証制度スタート
2014年 3月
9月
本社新社屋完成
『Jotoキソパッキング工法』累計施工実績350万棟達成
2015年 1月


3月
4月
9月
『Jotoキソパッキング工法』が『Joto-Vent System』として、
アメリカの建築基準評価承認であるUESを取得
本社工場増築工事竣工
『しろあり保証1000』スタート
『しろあり保証制度』がグッドデザイン・ベスト100を受賞
『しろあり延長保証制度』の保証期間を10年間より20年間に延長
2016年
4月
7月
『Jotoキソパッキング工法』確立40周年
『Jotoサポート・システム』サービス開始
『Jotoキソパッキング工法』累計施工実績400万棟達成
2017年 4月
5月
『しろあり保証1000 Joto基礎断熱工法』スタート
大阪営業所を大阪支店に昇格