Joto SDGs プロジェクト Joto SDGs プロジェクト

Joto SDGs

城東テクノのSDGs宣言

城東テクノは、2015年に国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」を国際社会と協調して達成すべき目標と捉え、事業活動を通じてSDGsの目標達成に貢献していくことといたしました。
昨今の気候危機や地球資源の枯渇は、人類共通の問題です。当社は2015年、「ユニークな建材で長持ち住まいをささえます。」をコーポレートスローガンとして掲げました。長持ち住まいとは、長持ちする社会・環境が大前提です。私たちは、長持ち住まいをささえるために、まずは「長持ち社会をささえる」ことが至上命題であると考えています。

1971年、創業者である末久史朗は、プラスチックの廃棄による社会問題に注目し、廃プラスチックを利用した複合材料を開発しました。のちに、この複合材料を使用したキソパッキンが誕生し、当社の主力製品となりました。環境汚染を引き起こす公害の原因と捉えられていた廃プラスチックを有効利用、長期使用することは、社会課題解決の一助になったと考えられます。
当時はSDGsという言葉こそありませんでしたが、モノづくりで社会に貢献するという考え方はSDGsに通じる思想であり、その志は当社の中で脈々と受け継がれています。

現在、さらに地球的規模で深刻な環境危機が、すぐそこまで迫っています。私達はこれまで以上に、社会に貢献するモノづくりに取り組むことを、ここに宣言します。

城東テクノ株式会社 代表取締役社長

末久泰朗
城東テクノ株式会社 代表取締役社長

SDGs Initiatives

城東テクノが取り組むこと

城東テクノは、SDGs の達成に向け、
事業を通じて世界共通の課題解決に取り組み、持続可能な社会の実現を目指します。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • 働きがいも 経済成長も

    働きがいも 経済成長も

    今日の建設現場では、職人の高齢化・後継者不足による業界労働人口の減少などの課題が懸念されています。
    私たちはこれまで取り組んできた「現場でのお困りごとを解決するモノづくり」のノウハウを生かし、現場の省施工化および施工品質の標準化・高品質化に貢献できる建材を開発することに取り組みます。
    そして長年の経験と技術を持った職人だけではなく、未経験のシニア人材や女性、外国人労働者など様々な人でも携われる製品をご提供することで、この課題解決へ貢献いたします。

  • 住み続けられるまちづくりを

    住み続けられるまちづくりを

    私たちは、他社よりもいち早く「キソパッキング工法」「しろあり保証」などの製品・サービスをお客様にご提供することで、地震などの災害やシロアリによる食害に強い木造住宅づくりをささえてまいりました。
    そして、長年積み重ねてきた「長持ち住まいをささえる」ための知見を生かして、住宅以外の木造建築物にも使用できるキソパッキンやアメリカ向けキソパッキング工法を開発し、その領域を拡げつつあります。
    私たちはこれらの事業を通じ、安心かつ安全な住まいづくりに貢献します。

  • つくる責任 つかう責任

    つくる責任 つかう責任

    大量の廃棄物は、埋め立て地不足の問題や、海や山の環境破壊をもたらします。
    当社の主力製品であるキソパッキンには、廃プラスチックを利用した複合材料を使用しており、プラスチックの廃棄物削減に貢献しています。また、キソパッキンは住宅が解体されるまでのあいだ長期利用される製品なので、何十年もリサイクルする必要が無く、環境負荷を軽減することが可能です。
    私たちは、このような再生資源の有効利用技術を発展させていき、廃棄物削減にさらに貢献します。

  • 気候変動に具体的な対策を

    気候変動に具体的な対策を

    気候危機は社会・環境を脅かすことになります。とくにCO2排出量の削減は地球規模の課題となっています。
    私たちは、基礎断熱工法に使用するキソパッキンや、高気密型の床下点検口などといった製品をお客様に提供することで、住宅の省エネ化に貢献しています。
    今後も、住宅の省エネ化などといったCO2排出量削減につながる取り組みに対して、提供できる製品を積極的に開発し、販売してまいります。

Future plans

今後の活動予定

SDGs活動のため、社内で部門横断型のプロジェクトを発足しました。
2022年度はマテリアリティ(重要課題)を特定し、KPIを設定してまいります。
今後もSDGs活動をホームページに掲載し、アップデートしていきます。どうぞご期待ください。