外装工事部材

防水役物

漏水事故が多い外壁開口部・
バルコニーの雨仕舞に最適。

独自の特殊構造や一体成形で、高い水密性と簡単施工を両立。
従来の防水テープで生じやすいピンホールなど、漏水しやすい
3面交点部分をしっかりカバー。

漏水のリスクが増えています。

2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」や、2009年に施行された「住宅瑕疵担保履行法」などの
法令により、引き渡し後10年以内に瑕疵事故が発生した場合、住まい手が保護される仕組みが整えられてきました。
しかし、依然として瑕疵事故はなくなっておらず、いくつかの住宅瑕疵担保責任保険法人からは、
新築住宅の瑕疵事故の大多数が雨漏りであるとの分析結果が発表されています。
雨漏り事故の主な原因要素としては、“建築形態”や“気象条件”の変化に伴う雨仕舞にも課題があると考えられます。

建築形態の変化

  • 伝統真壁形式

    伝統真壁形式

    • 深い軒の出があり壁面への雨掛かりが少ない
    • 軸組が露出、濡れてもすぐに乾燥する
  • 在来大壁形式

    在来大壁形式

    • 軒の出が減少し、壁面の雨掛かりが増加
    • 内付けサッシと庇で窓廻りを雨掛かりから保護
    • 外部取り付けのバルコニーが主流
  • 近年の流行

    近年の流行

    • 軒の極小化で、壁の雨掛かり面積が増大
    • 酸性雨によるコーキングの劣化
    • バルコニーの外壁化
  • 在来

  • 近年

  • 異常気象の増加

    もともと日本は高温多湿で雨の多い国。
    古くから日本家屋では伝統的な雨仕舞や防水対策
    がなされていました。
    しかし近年、建築様式の大きな変化によって、浸入
    雨水や内部結露など水分の滞留が住宅におよぼす
    リスクを増大させ、対策を求められています。

    全国の1時間降水量50mm以上の年間発生回数の経年変化(1976~2017年)
    ※出展元:気象庁 全国(アメダス)の1時間降水量50mm以上の年間発生回数

  • アメダス1時間降水量50mm以上の年間発生回数

  • 漏水事故の6割強は
    外壁・開口部から

  • 雨仕舞で危険な場所は外壁開口部、バルコニーおよび陸屋根、軒と外壁の取合い部、
    外壁の平部などが上げられます。
    各部位ごとに防水テープや防水紙などで正しい手順・施工で
    雨仕舞をおこなう必要があり、また高い品質が求められています。

高まる2次防水の重要性

建築様式の変化により、軒がない住宅が増え、外壁に掛かる雨が、外壁の一部分から外壁全体へと
変化しました。また、気象状況の変化から、国内の降水量が近年増加。
外壁全体の漏水事故の要因は急増しています。
そのため、これからは2次防水の重要性が益々高まってきています。

LINE UP

  • 防水役物 配管用

    防水テープ一体型の配管にフィットするタイプ。

    • 防水材を継ぎ足すことなく配管形状に応じた防水ラインを作ります。
    • 防水テープ一体型の配管にフィットする材質で高い水密性を実現。
    • 独自の特殊構造で誰でも簡単に同じ品質で施工処理が行える部材です。

    製品詳細を見る

  • 防水役物 窓用

    左右専用役物と中間材であらゆる窓廻りをカバー。

    • 3点交点と水返し部を一体成形することで、ピンホールの発生を防止します。
    • 中間材には、一体成形の折り部と同じ折筋がついているので、簡単に取付けが可能です。
    • 万一、サッシ内に雨水が浸入した場合も、水返し部が躯体内への雨水の浸透を防止します。

    製品詳細を見る

  • 防水役物 バルコニー用

    一体成形の出隅・入隅役物で様々な壁厚に対応。

    • 一体成形の当製品を組み合わせることで、ピンホールの発生を防止します。
    • 出隅/入隅をスライド調整することで、あらゆる壁厚の取り合いに対応します。
    • ジョイント部は平部となるため、防水テープで簡単に防水処理が行えます。

    製品詳細を見る