株式会社タイムスデザイン 田口様

設計者としてのこだわりを詰めた、
軒ゼロの片流れ屋根の全周にフリーヴを採用

設計者としてのこだわりを詰めた、軒ゼロの片流れ屋根の全周にフリーヴを採用
  • 近年、片流れ屋根の住宅を目にすることが随分多くなりました。しかし、雨仕舞の視点から、片流れ屋根の全周に使用できる軒天換気材は多くありません。しかもシンプルな軒ゼロとなればなおさら漏水への懸念が高まるため、使用できる換気材は限られます。

    そんな軒ゼロ・片流れ屋根の住宅で誰もがぶつかるお悩みをフリーヴで解決したのが、有限会社タイムスデザインで設計をされている田口様でした。

    タイムスデザイン様は、奈良県奈良市で店舗設計をメインとされている設計事務所です。自然素材を活かした設計やデザインを得意とされ、奈良県を中心とした近畿地方でレストランや美容室などを手掛けておられます。

    今回は、普段の店舗設計のお話も伺いながら、ご自宅にフリーヴを採用された経緯について詳しく伺いました。

    Freave
  • 店舗設計がメインということですが、どのような設計をされているのでしょうか。

    株式会社タイムスデザイン 田口様

    田口様:うちの事務所のコンセプトは、天然素材を活かしたデザイン一本です。 そういう感じのデザインが好きな人がお客さんとして集まるので、逆に都会的なデザインが好きな人は来ないです。そういうコンセプトなので、仕事では樹脂とか化成品はあまり使いません。新築では木造が多いです。大きな建物でもできるだけ木造で設計しています。

    当社:今座らせていただいている椅子やこの打ち合わせテーブルも素材を活かした感じがしますよね。

    株式会社タイムスデザイン 田口様

    田口様:この椅子は社長がインドネシアで直接買い付けて輸入してきたものですね。ボートの古材が使われているみたいです。店舗設計では内装やインテリアも提案したりするので、この椅子のように海外で買ってきたインテリアを設計した店に入れたりします。この打ち合わせテーブルも、昔買ったらしいアメリカの木製の橋を解体した古材が倉庫にあって、それを利用して大工さんに作ってもらいました。

    当社:店舗設計をされる際には、小屋裏換気はどのように取っていたのでしょうか。

    田口様:普段の店舗設計では登り梁が好きで使います。吹き抜けで、意匠として構造を見せてしまうので、屋根断熱にするのが基本です。そのため、普段の設計の中で小屋裏の換気材を探すことはありませんでしたね。

  • 今回フリーヴを採用いただいたご自宅のお話に移ろうと思います。
    ご自宅もこういった自然素材を活かした設計にしたのでしょうか。

    田口様:自宅なので、会社のコンセプトに合わせるというよりも自分の好みを優先しました。こうして樹脂の建材(フリーヴ)も使いましたし。それでも普段やっている店舗設計に寄って行ってしまいますけどね。オーバーハング部の軒裏や内装に木材を使用したり、ドア枠も無垢材を使用したり。コストをおさえるために自分でも塗ったりしました。

    外壁は、無塗装サイディングに塗り壁用の塗装を施す方法をとりました。一般的な柄付きのサイディングを使うのと全然費用が違うので、随分迷ったんですけどね。手間も費用もかかりましたが、その分満足いく外観になったと思います。

    無塗装サイディングに塗り壁用の塗装を施す方法
  • ご自宅でフリーヴを使用した経緯を教えてください。

    田口様:設計にあたり、デザインやコストの面から屋根は軒ゼロの片流れ屋根に決めていました。軒ゼロで使用できる換気材を探そうとインターネットで検索して、まずはJotoの鋼板製・軒ゼロタイプの軒天換気材FV-N016Fにたどり着きました。

    当社:最初は別の軒天換気材を検討されていたんですね。

    田口様:そうですね。一旦このFV-N016Fを設計図面に落とし込んだのですが、実物を見て使用するかどうか判断しようと思い、フリーダイヤルで問い合わせてカットサンプルの依頼をしました。
    直接営業の方が持ってきてくださり、納まりなどを相談する中で「もっと軒の出を縮めて格好よくできる換気材がありますよ」とフリーヴを提案いただきました。たしかにFV-N016Fだと見付け幅が58㎜あるので、換気材が目立ってしまうなあと感じていました。フリーヴは見付け幅15㎜なので、FV-N016Fに比べたらかなりスリムな納まりにできると思いました。

    フリーヴは見付け幅15㎜なので、FV-N016Fに比べたらかなりスリムな納まりにできると思いました。
  • 最終的にフリーヴを選択した決め手は何でしたか。

    田口様:片流れ屋根の全周に使えることです。壁体内通気の出口を考えると、ケラバ側や水上側にも換気材を使用したいと考えていました。片流れ屋根の全周に使えて、軒の出もおさえられるフリーヴは最善の選択でした。さらに樹脂製だったので、鋼板製よりもコストをおさえることができました。

    片流れ屋根の全周に使えて、軒の出もおさえられるフリーヴは最善の選択でした。
    水上側

    水上側

    ケラバ側

    ケラバ側

現場の声

田口様:敢えて言うなら、もう少し換気材の高さが低いと、破風板の高さをおさえて更にスッキリさせられたかなと思います。それでも見付け幅が15㎜しか無いので、軒の出をおさえて全周をスッキリと納めることができて、良かったと思います。

株式会社タイムスデザイン様

PROFILE

株式会社タイムスデザイン様

〒631-0041
奈良県奈良市学園大和町2丁目125-10
TEL:0742-41-3200 / 0742-41-3203 FAX:075-803-5888

http://www.timesdesign.com/