基礎断熱工法用気密パッキン

嵌合方式の採用で気密パッキンの突付部のズレを防止。

直線部分はもちろん、コーナー部分も気密パッキン同士をガッチリ結合させることが可能になりました。
さらに、付属の気密テープを使用することで、気密漏れをしっかり防ぎます。

POINT

  • 【しろあり保証1000 Joto基礎断熱工法必須部材】
  • 嵌合方式の気密パッキンで、外気を完全にシャットアウト。
  • 施工時の横ズレ・気密漏れを防ぎます。

利用シーン

シリーズ一覧

KDP-105 105×908×20mm
KDP-120 120×908×20mm

特長

施工精度が飛躍的にアップ。

独自の嵌合方式を採用し、土台施工時の課題となっていた気密パッキン同士の突付部分のズレを防止します。

基礎の不陸を、調整板でカバー。

基礎の不陸によって、土台とパッキンの間に隙間が発生した場合でも、別売りの調整板を使用することで、最大6mmまでの不陸をカバーすることができます。

基礎と土台の絶縁と気密化を実現。

20mmの厚みで基礎と土台を確実に絶縁するとともに、表裏についている2本の気密材が高い気密性を発揮します。

製品シリーズ

KDP-105

色・柄 ブラック
土台サイズ 105角・404(204)
寸法 105×908×20mm
材質 JC(ポリオレフィン樹脂+炭酸カルシウム)・気密材:EPDM(発泡ゴム)
梱包 12本/ケース
正価 1,500円/本
付属品 気密テープ1シート/ケース(縦に10枚分のスリットが入っています。)

KDP-120

色・柄 ブラック
土台サイズ 120角用
寸法 120×908×20mm
材質 JC(ポリオレフィン樹脂+炭酸カルシウム)・気密材:EPDM(発泡ゴム)
梱包 12本/ケース
正価 1,700円/本
付属品 気密テープ1シート/ケース(縦に10枚分のスリットが入っています。)

施工上の取扱いと注意事項

  • 本製品は必ず土台寸法に合わせた製品をお選びください。
    土台105角、404(204)、土台120角に使用してください。
  • 本製品に対して、加熱や不要な打撃を加えないでください。
  • 本製品に加工を施す場合は、長さ調整の切断のみとします。但し、アンカーホールが1つ以上確保される長さで切断してください。
  • 基礎天端が水平(平滑)に仕上がっているかを確認してください。
    ※基礎天端の不陸が大きいと気密不良の原因となります。
  • 本製品を基礎断熱工法の建物外周に使用していただき、内部は床下全域の換気流の働きと木部腐朽防止のため、キソパッキンまたはキソパッキンロングを使用してください。
  • 本製品に付いている気密材は、剥がさずに使用してください。
  • 本製品には、表裏がございます。Jotoロゴ側を上向きにして敷き込んでください。

関連商品